忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第八章・西のホラ -3

「なんも悪いこともないのに、気味が悪い、とか言っちゃって、そのために邪悪なもんを呼び込んじゃうことがあるみたいに、いいとも悪いとも決まってないものなのに、これはいいもんなんだーって信じることで、いいもんにすることもできるってことでしょ?」

さっきから頭の中身高速回転で考えたことを荒い鼻息と共に答える。

「おお、大正解~」

「なんと、素晴らしい」

わざとらしく手を叩くシナツヒコとワカサヒコに向き直って、
サギリはまた腰に手を当てた。

「あのさ、それっくらいのこと、考えなくてもわかるって。それよかさ、あんたたち、ヒルメの考えてることはわかんなかったって、言ってなかった? 自分たちにもわかんないこともあるって、言ってなかった? あたしが、あんたたちのわかんないことを考えるようになるってことは考えないの? あたしは、あの、ヒルメの娘なんだよ?」

「あの」のところを最大限に強調して言い放つ。
これもさっき歯がみしながら高速回転で考えたことだった。
口をつぐんで互いの目を見ているシナツヒコとワカサヒコに、
どうだ
と顎をしゃくった。

「うーん、おめえの場合、そんな感じは全然しねえな」

「ええ。今のところは、という注釈付きで言って差し上げてもいいですけどね。それよりも、こんなところで仲間割れをしている場合じゃないでしょう。墓を暴くというなら、陽が高いうちに済ませてしまった方がなにかと都合がいいのではないですか? 陽の光というものは、やはり強いものですよ」

今度こそやりこめたかと思ったのに、あっさりとかわされて、
サギリはまたしても肩を落とした。
ワカサヒコの言うとおり、
今はそんなことで仲間割れをしている場合ではない。

「はいはい、わかりました、わかりましたよ……」



[第八章・西のホラ -4]へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]