忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「素戔鳴流離譚・其ノ二」第四章・おふくろ-11

今すぐにでも行く、というおふくろをなだめて、
飯を食わせてもらい、やっとこさ自分のベッドに入ったのは、
もう夜中の2時を過ぎていた。

疲れた……。

なんか、ものすごーく疲れたよ。
長かったなー、この二日間。
俺時間では四日間。
たった四日間のことなのに、何十年も経ったような気がする。

そーいえば、おふくろにイズモノクニでの冒険話をしてたときに、

「あら? スサノオが出かけたのは昨日ですのに、イズモノクニでは二回もお泊まりしたんですのね〜。計算が合いませんわ」

というおふくろに、
首にかけたままだった道返しの玉を見せた。
たぶん、こいつのせいで俺は
こっちの世界を出ていったときの時間に戻ってきちまったんだもの。

「これを親父がミトちゃんちのお父さんに預けててさー……」

「んまあ〜〜! これ、わたくしがお父様からいただいたものでしたのよ〜。どこにいったのかと思っていたんですのよ。そんなところに隠してあったなんて〜」

いきなり引っ張らないでくださいー。
いていて。今、外しますから。

俺が首から外して渡した勾玉のペンダントを手の平に乗せて、
なでなでするおふくろ。
なんか思い出してますね。
それはいい思い出なんですかね?
あれ?
でも、笑顔だけど、寂しそう?
大人はフクザツな表情をするもんですよね、ホント。

「あのね。これは、わたくしがお父様と一緒にこちらに来る時に、お父様に渡されたものなんですけれどもね」

石に話しかけるように静かに話すおふくろ。
やっぱ、ちょっと寂しそうだ。

「これをずーっと身につけていたら、またイズモノクニに帰ったときに、その間の時間はなかったことになるんだよって、お父様に言われて。いつかイズモノクニに戻ってやり直したいなら、身につけていたらいい、って」

それって、なんすか?
十六歳の女の子を試したんと違いますかね?
ちょっちずるくない? ハゲ親父よー。

「でね、わたくしはその時、これは必要ありませんわって答えましたの」



「素戔鳴流離譚・其ノ二」第四章・おふくろ-12 へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。

PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]