忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「素戔鳴流離譚・其ノ二」第六章・アシワラノヤチノサト-22

一歩その家に入った途端、
さらに強力な結界で家の中が守られているのが感じられた。
サイノカミが守ってくれてる、この素敵にきれいな集落の中で、
ここまでビンビンに結界張る必要あるんかいってくらいの結界。
おふくろの天然結界もかすむくらいだ。

家は、俺の世界での昔の農家みたいな感じ。
小学校の遠足で行った、
昔の建物が復元してあるっつう公園にあった、
豪農のおうち、みたいな。
入ったとこは広い土間になってて、
右側にでかい瓶がおいてある。
そのそばにはたぶん竃。
鍋とか釜みたいなのが乗ってる。
で、左側は板敷きに囲炉裏が切ってある。
囲炉裏の向こうは板戸になってて、
半分開いた向こう側はいくつかの小さな部屋に
仕切られてるように見えた。
畳はなくて、全部黒光りする板の間だ。

ここは、あのサギリの家なんだよな。
つい一昨日、一緒に龍神様と闘ったサギリ。
なんだかもうずいぶんと前のことみたいな気もするけどね。
そのサギリが生まれて育った家だ。
そのサギリにしたって、
この家を出てからまだ一ヶ月もたってないみたいだしな。
そこに今俺がいるなんて、なんかヘンな感じ。

「こんな服しかないですけども、まずこれに着替えて、濡れた服をこちらに」

家の中を見回してぼけっとしてると、
ミツハが俺を奥の部屋に案内してくれて、
乾いた服を出してくれた。
パンツまでぐっしょりだから
下着から着替えなくちゃいけない。

うーーん、この世界の服って、どういう構造なんだかもう〜。

下着はなんとかわかったけど、
ズボンのひもと上着のオビがよくわからん。
マゴマゴしてたら、ミツハがやってきて世話を焼いてくれた。
あっちこっちをひもやらオビやらで縛られて、
どうなることかと思ったけど、
出来上がってみると、案外と動きやすい。
生地は麻みたいなちょっと固いゴワゴワした肌触りだけど、
今くらいに暑い季節には快適かも。
全体として、あれか、

日本昔話のスサノオノミコトの格好ってことですかね。

みずらとか結わなくていいですかね。
髪の毛短いから結えないけどさ。
服を着たあとにミツハが組紐みたいなのを手に持って、
俺の頭を見てたのは
「結う髪の毛がないわ、この子」
とか思ったってことか。
なんも言わないで、組紐はしまっちゃったけど。

着替え終わって囲炉裏のとこに戻ると、
おふくろも借りものの服を着せてもらって、まったりしてる。
おふくろの服は和服に似てるけど、
袖の形とか帯とかがちょっと違う、変形和服って感じ。
きれいな薄紅色だ。

ミツハって、さっきは親父を間に置いて、
おふくろとぎゃあぎゃあ言い合ってたけど、
悪い人じゃないみたいだ。
だって、おふくろが借りた服は、
俺の目から見ても、
今ミツハが着てる服よりもきれいで上等そうなんだもの。

「まあまあ、この色、きれいですわねえ。これ、こちらのサトで染めたものですの? 生地もしっかりしていて、着心地もいいですわ〜。こちらのサトには機織りや染めの技に長けた方がいらっしゃるんですね。うらやましいですわ〜」

おふくろもご機嫌だ。
おふくろが褒めまくるもんだから、悪い気はしないのか、
ミツハも眉間の皺をちょっと浅くして、

「そうなんですよ。このサトで作った織物はミナカタノミナトまで運んで、市で売りに出されるんですよ。遠くからここの織物を買うためにやってくる者もいるんですよ」

なんて自慢話とかしちゃってる。
さっきまでのぎゃあぎゃあはどうしたんだよ。
おばさん同士の不思議。



「素戔鳴流離譚・其ノ二」第六章・アシワラノヤチノサト-23 へ、つづく

↓ポチッとよろしく。励みになります!


PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]