忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「素戔鳴流離譚・其ノ二」第五章・書斎、そして墓場-11

……………………。

だーーーーーーーーっっ! 
なんだよなんだよなんだよーーー!! 

読めば読むほど腹ぁ立つ! くそーーー。

なーにが「お前の行動なんぞお見通し」だよっ。
なーにが「その後のことは、おのずと拓ける」だよっ。
なーにが「私の期待以上の人間になっていることを祈る」だよっっ!
ざーんねんでしたー。
俺なんか、こんなお見通しのわっかりやすい書き置きなんか見なくても、
ミトちゃんちの神社に行っちゃったもんねーだ。
んでもって、親父にも会っちゃったもんねー。
さらにさらに、自分の判断でおふくろにもお話したもんねーー、だ。

ん? でもあれか、

ということは結局俺は親父の思惑通りに動いちゃってるってこと?
しかもしかも、
「私が七年も家を空けなければならなかった理由が、そこでわかる」 
って書いてあっけど、なんもわかんねーし、
「その後のことは、おのずと拓ける」って、
拓けたんだかなんだかなーって感じだし。

ううーーん……。

要するに、ミトちゃんと俺が知り合いになって、
ミトちゃんのお父さんが俺の名前を聞いて、
神社に呼んでくれたのってのはまったくの偶然で、
親父はそんな偶然に頼らずに俺がミトちゃんちにたどり着くように
布石を打っといたってとこですかね?
たぶん、俺が七年経ってもこのノートを
見つけないときのこともなんか考えてあんだろうな。
腹立つけど、そんなやつだよ親父は。

しっかしなー、この最後の署名
「アマノマヒトツノカミこと、高木龍吉」って……。
これを読んでたら、
「わしはアマノマヒトツノカミじゃ」とか言われたってなんだって、
「親父だろーー!」って叫んでたのに。

……ああ、あん時、俺の反応が鈍かったから、
親父は俺がこのノートを読んでないって思ったんだな、きっと。
「トクサノカンダカラ」って言われても、
は?って反応だったもんな、俺。
それと最後に小さく書いてある(甲15号3側)って、なんの暗号デスカ?

俺がさっきから苦労してあれこれ調べた「トクサノカンダカラ」のことなんて、
これに全部書いてあんじゃん。
ほんとはイズモノクニに行く前に調べて、
知ってるはずだったのか、親父の思惑では。
あのとき、俺が「トクサノカンダカラ」のことをちゃんと知っていたら、
無理矢理帰されたりなんかしなかったのかな。なんだかなー。
(甲15号3側)ってのも調べないといかんのかね?
手がかりは? ヒントは?

それにさ。
この「お前の役割は思いのほか重要になりそうである」って、なんですかね?
イズモノクニで会った山姥の奥様も「役割役割」って言ってたしな。
なんか、俺、やることになってんですかね?
それは誰が決めた事なんですか!?
だいたいさー、俺の役割ってなんなのよーー!?

……と、まあ、こんな書斎の真ん中で(愛じゃないけど)
叫んでいてもどうもならないんで、
とりあえず、書を捨てよ街へ出よう、ですよ。
その前に「トクサノカンダカラ」を
この腹立たしいノートの三ページ目にメモメモだ。

万年筆のインクの匂いが懐かしくて、またちょっと泣きそうになった。
くそ。



「素戔鳴流離譚・其ノ二」第五章・書斎、そして墓場-12 へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。

PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]