忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「素戔鳴流離譚・其ノ二」第五章・書斎、そして墓場-10

「スサノオへ。

 これを見つけたということは、私がその家を出てから七年が経ったということだと思う。
 私の失踪宣言申立をどうしようか悩んでいる頃ではないだろうか。
 失踪の日にちの証拠を探しに、この引き出しを開けたのだろう。
 お前の行動なんぞお見通しだ。
 七年が経ったということは、お前ももう十九歳になったはずだ。
 少しは成長していることを願って、この書き置きをすることにする。
 私が七年経っても戻らなかったときは、この前のページに書かれている住所の神社へ行くこと。
 私が七年も家を空けなければならなかった理由が、そこでわかるはずだ。
 うまくすると私とも会えるかもしれない。
 できればお母さんには黙って行くこと。
 お前はお母さんのことが心配だろうが、お母さんはお前が思っているほど弱くはない。
 その神社から戻ってから事の次第を説明した方が、お前も説明がしやすいはずだ。
 今はなにがどうなっているのか、さっぱりわかっていないだろう。
 そんな状態のお前が説明しても、お母さんを混乱させるだけだ。
 まず、その神社へ行き、そこの神主に高木スサノオだと名乗ること。
 その後のことは、おのずと拓ける。
 
 もし、このノートを七年経つ前に見つけてしまったときは、黙って閉じて元に戻しておくこと。
 七年経つ前ということは、お前はまだ中学生か高校生だと思うが、
 そんな子供がひとりで旅行などできまいし、
 またその時期に行動を起こしてもなにも得られないと思え。
 私にも会えないであろうし、悪くするとお前も家に帰ることができなくなる。
 必ず十九歳になってから、神社へは行くこと。
 
 スサノオ、お前が私の期待以上の人間になっていることを祈る。
 お前の役割は思いのほか重要になりそうであるから、
 つまらないことで命を落としたり、怪我をしたりしないように、
 日常を充分注意して過ごしてほしい。
 また、正体のわからない、自分の名前を呼ぶものに安易に応答しないこと。
 下手をすると生死にかかわることになる。
 おかしいと思ったら、ワカサヒコ、シナツヒコにまかせなさい。
 出かける前に、「先代旧事本紀」の「天神本紀」の項にある
 「天璽瑞宝十種」を調べておくとなおよい。
 別名「十種の神宝」。後で役に立つ。

 さまざまに疑問や疑惑があると思うが、もうすぐすべての問題は解決する。
 それにはお前の存在が必要不可欠だ。私はそのために七年も家を留守にせざるをえないのだ。
 スサノオも覚悟して、事に当たるように。
 
           アマノマヒトツノカミこと、高木龍吉
                       (甲15号3側)



「素戔鳴流離譚・其ノ二」第五章・書斎、そして墓場-11 へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。

PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]