忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「素戔鳴流離譚・其ノ二」第三章・帰京-3

びしっと言い捨てたツキミは、
食べ終わった食器をさっさと台所に下げると、
そのまま二階へ行ってしまった。

ああ、完全に俺、悪者ですかー?

この気まずいフインキの中置き去りですかー?
空気が固まってますよー。

「まあまあ、まあまあ、人にはそれぞれね、人にはそれぞれね、事情があるのよあるのよ〜」

お母さんが困り笑顔で取り繕ってくれて、
俺はようやく動き出すことができた。

「あ、すいませんでした。その、つい、カッとしちゃって……」

「ああ、そうねそうね。ツキちゃんもあの口の悪いのは直した方がいいのよね〜 せっかくかわいい顔してるのに、あれで損してるのよ損してるのよね〜」

明らかに話題をそらそうしてるお母さんの引きつった笑顔を見て、
俺は「ごちそうさま」と手を合わせて席を立った。
「荷物まとめなきゃ」とかなんとか、
もごもご言い訳しながら俺の寝室にしてもらっている和室に向かう。
まとめるような荷物なんてないし、
出発にはまだまだ時間があったけどね。
しょうがないじゃん。
俺がいると、ミトちゃんもお父さんもお母さんも
引きつり笑顔のまんまでつらそうだしさ。


「あらあら、ツキちゃんツキちゃん、どうしたの?」

俺がとっくにまとまっちゃってる
小さいワンショルダーバッグの前でぼんやりしてると、
玄関の方からお母さんの声がした。

「うち、病院寄ってから駅行こかと思て」

「ああ、ああ、病院ね病院ね。そうねそうね。それがいいわー。いってらっしゃい」

病院? ツキミが?
あの健康そのものみてーなツキミが?
いや、ツキミじゃなくて誰かのお見舞いか?
それが、さっきの「それぞれの事情」ってやつか?
俺の好奇心がものすごーく刺激されたけど、
今出てって「なんで病院行くんだよ?」なんて、
ツキミに聞いたって、絶対教えてくれないよな。
教えてくれないどころか、
またどんな悪口雑言を浴びせられるかわかったもんじゃないしな。
ここは、知らないフリ知らないフリ〜。
どうせ、後で駅で会っちゃうんでしょ?
あんな小さい駅だしな。
おんなじ電車に乗るんだしよ。あーあ。

「じゃあ、ツキちゃん、あとで駅でね〜」

ミトちゃんのやーらかーい声がする。うふうふうふ。

「なんや、ミト、あのアホウ送ってくんかいな」

ツーキーミー……。
「あのアホウ」ですかそうですか。

「駅までだから〜すぐですし〜それに〜高木先輩はうちのお父さんが呼んだようなものだし〜ツキちゃんがいろいろ気にしてるのは〜……」

その後は二人が玄関を出てしまったらしくて聞こえなかった。
ツキミはなにを気にしてるってんだ?
でもって、それをミトちゃんはわかってるってこと?

うーーーん……。



「素戔鳴流離譚・其ノ二」第三章・帰京-4 へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。

PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]