忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第四章・彼女のお宅訪問 -3

「あらあらあら、ごめんなさい、ごめんなさい。
でも本当のことじゃありませんか~」

どかっと、俺の正面に腰をおろしたお父さんの手には、
小さな四角い包みが乗っていた。

その包みを目の前の座卓に置くと、
お父さんは手を膝に当てて、深々~と頭をさげた。

「いやまったくうちのやつの言うとおりで、
このとおり、申し訳なかった!
戻ってこないのを勝手に帰ったなんて、思い込んじまったもんだから。
あのときにちゃんとさがしたり届けを出していれば、
スサノオくんやご家族にもご連絡ができただろうに。

本当に、このとおり、
申し訳なかった──!


あ、そんな。ごっくん。
あわてて俺も、箸を置いて手を膝にー。

「すいませんすいません。
こっちこそ、父のせいでこんな、ごごご心配おかけしまして、
ホントに申し訳なかったですー。
あのあのあの、たぶん、あ、絶対うちの親父が悪いんで、
その、お気になさら、さららず……

あいた。噛んじゃったよ。

でもホント、絶対あのくそ親父が悪い。
ったくよー。七年後に息子が頭さげることになるって、
知ってましたかってんだよ。

……知ってたかもな、案外。

ミトちゃんのお母さんに「まあまあまあまあ」となだめられて、
残ったそうめんを平らげ、座卓の上が片づいたところで、
お父さんは、持ってきた小さな包みを俺の方に押してよこした。

てのひらにすっぽりと入るくらいの大きさの直方体のものが、
たぶんノートのページを破り取ったらしい紙に包まれている。

上に黄色い付箋が貼ってあって、それには

「息子のスサノオくんに渡す。高木龍吉先生より」

と書かれてあった。
ミトちゃんのお父さんが忘れないようにと、書いておいたものだろう。

「私も実を言うと、ずっと忘れておったんですけどね。
ミトから、高木スサノオさんという先輩がいる、という話を聞いて、
あっと思い出しましてね。
いやいやいや、思い出せてよかったですわー。
高木さんは、あ、お父さんの方ですが、
このことをわかっとったんでしょうかなあ?」

たぶん、はったりです。……

でもなあ、謎なやつだからなあ、あの人は。

「俺……ぼくにもよくわかんないですケド」

目の前に置かれた小さな包みを、俺は手に取るべきかどうか迷っていた。
いや、手に取るのはいいんだけど、ここで開けていいものかどうか……。

だってなー、あの親父のことだ。開けてみたらびっくり箱~、
とかいうことがないとも限らないし。
それをこの人たちの前で開けて、間抜けなことになるのもなー。

やだなー。


「なー、はよ、開けてみいよ」

端が少し黄ばんだ包み紙を見て迷っていると、
ツキミがじれたように声をかけてきた。
顔をあげると、好奇心満々の四対の目が、そこにあった。

う──ん、ここで開けないわけにはいかないだろうなあ。
びっくり箱だったらやだけどなあ。

「開けな、なに入ってるかわからんやんか」

うっさいなー。わかったよ。

開けりゃいいんでしょ開けりゃあよっ。

ヘンなの出てきても笑うなよっ。
……って言っても笑うんだろうなあ。せつないなあ。

まず付箋を剥がし、そっと持ちあげて、
底の部分についていたセロテープを剥がす。
七年経って粘着力がなくなったセロテープは、
爪の先で触っただけでポロリと落ちた。黄色に変色している。
持った感じでは、中身は缶か?
思ったより軽くて、持ちあげた時は、
ちょっと力加減がわからなくて落としそうになった。

空じゃねえのか? いやな予感にドキドキする。

ぐるぐると包んである紙を、
中のものを逆さにしないように注意しながらはずしていく。
なにが入っているかわからないからね。
逆さにしたらドロ~ンとか、かんべんしてほしいし。
そんなものが入ってる感じはしないけどな。念のため。

包み紙は、やっぱり大学ノートの一ページ分だった。
水色の罫の入ったやつ。裏も表も、なにも書かれてはいない。

そして中から出てきたのは、ピンク色の缶だった。
……蝶つがいで片方に開くようになっている蓋には、
キティちゃんとダニエルくんが手をつないでいる絵が、
プリントされている。

は~~~……キティちゃんかよっ

「キティちゃんや」

「キティちゃんね、キティちゃんね」

「キティちゃんだわ~」

「キティちゃんですな」

重要なのはそこですかっ!? みなさんっ!

まあでも、突っ込みどころだよなあ。
こんな思わせぶりに包まれた箱がキティちゃんとは、誰も思わないもん。
普通こういうときは、
蓋に謎の文字が彫られた木箱とか、ごーかな布貼りの箱とかだよな。

親父、ナイスセンス!

べつに鍵がかかっているわけでも仕掛けがあるわけでもなさそうな蓋を、
揺らさないように本体をしっかり押さえつつ開ける。

パカンッと軽ーい金属的な音がして、難なく蓋は開いた。

チャラララ~~~ン! 勇者スサノオは魔法の巻物を手に入れた!

じゃなくてー。
中に入っていたのは、石のペンダントらしきものだった。
いわゆる勾玉の形、丸にしっぽがついたみたいなあの形の、
丸の部分に穴が開いていて、ひもが通してある。
石の大きさは縦つーか長い方が二・五センチくらい。

茶色の革らしきひもをつまんで持ちあげてみると、
やはりペンダントくらいの長さだ。
石の色は黒。表面につやはなく、黒の碁石みたいな感じ。

石をてのひらに乗せてみる。
とくにあったかいとか冷たいとかはなく、ごく普通の石の感触と重さだ。
石も革ひもも、古いとか汚れているとかもなく、
なんだか、そのへんの土産物屋で売ってるものみたいだ。

「なんだろう、これ?」

「勾玉、やな」

「勾玉ですわね~」

いったいこれを、俺にどうせいと言うのでしょうか。親父様~。

手に取ればピカーンッとなにもかも謎が解ける~、
みたいなアイテムをひそかに期待してたんですけどね。
なにも感じませんね。

やっぱ甘かったですか。

「なんか他に入ってへんの?」

ツキミが缶の中をのぞき込んでいる。

なにも入ってないように見えたのだけど、
缶の底にぴったりはまるように、折り畳んだ紙が敷いてあった。
包み紙と同じ、ノートの紙らしい。
端っこを爪で引っかけて取り出す。
見事にぴったりはまっていたので、破らないで取り出すのに、
ちょっと苦労した。

広げてみると、そこには親父の字が書いてあった。
角張った小さめの文字。これは見間違いようがない。
忘れようったって忘れられない、親父の筆跡だ。

不覚にも、ちょっと泣きそうになっちゃったよ。

だって、トナエゴトを書いてもらった紙を俺、
パスケースに入れて持ち歩いてるもん。お守りだもん。
今でもときどき開いて見てるもん。

 「道反しの玉
  これがあれば、もとの場所に帰って来られる。
  ただし、一時も肌身離さず身に付けたままでいること」

缶の底から出てきた紙には、真ん中にそれだけが書いてあった。

「ちがえしのたま……?」

「これ、ちがえしのたま、って読むんですの?」

一応、上代文学が専門ですからこれくらい知ってますよー。
みちがえしのたま、とも読むらしいけどね。

確か、ニギハヤヒノミコトだったかがアマテラスオオミカミから、
天孫光臨の際に授けられた宝物のうちのひとつだったような……
古事記じゃなくて日本書紀じゃなくてなんだっけ、
違う本に載ってる話だったような……。
あ、詳しく聞かないでください。後で調べておきますですー。

それよりも問題は、

「これがあれば、もとの場所に帰って来られる」

の方だよ。

これって、あっちの世界とこっちの世界を
行ったり来たりするときのことを言ってるんだよな。
今までの伏線からして。
でも、ちゃんとした入り口から行ったら、
帰ってこれるんじゃなかったんですかっ!?

ワカサヒコさん!

いつの間にか現れて、
ちゃっかりミトちゃんのお父さんとお母さんの間から
顔をのぞかせていた、シナツヒコとワカサヒコに向けて、
俺は念を飛ばした。

(どーゆーことだよっ!?)

「わかんねえよ」
「ちゃんとした入り口から入れば、帰ってこられるはずですよ。
それは確かです」

じゃ、これは必要ねえじゃんか。
シナツヒコもワカサヒコも、首をひねっている。
こないだからおまえら、なんか調子悪いんじゃないですか?
いつものえらそうな態度はどーしたよっ!

「とりあえず、これは高木さんにってお父さまが残した物ですから、 
高木さんが肌身離さず持っていたらいいんじゃないのかしら~」 

急にミトちゃんが言ったんで、
俺はワカサヒコたちとの会話に加わってきたのかとぎょっとした。

「無事に帰ってこられる、旅のお守りってことなんじゃないかしらね~」 

「そうね、そうね。お守りだわ、お守りだわ」

ミトちゃんは俺らの心の会話が聞こえたわけじゃなく、
俺が急に黙っちゃったもんだから、
気を遣ってくれちゃっただけのようだった。ごめんよ~。

いやこれは、と説明しようにも説明のしようがないので、
「そうですねえ」とかなんとか言って、
俺はおとなしくその勾玉を首からさげ、シャツの中に入れた。
外側にぶらぶらしてるのって、なんだか落ち着かないし、
「肌身離さず」ってんだから、この方がいいんじゃないですかね?

石はすぐに俺の体温と同じになり、重いもんでもないので、
首からさげていてもそんなに気にならない。
缶に入っていた紙は、また小さく折り畳んで、パスケースに入れた。

「お守りはいいですが、
これじゃあ、お父上の行方の手掛かりにはなりませんなあ……」

お父さんがすまなそうに言う。

お父さんがすまながることは全然ないんですよっ!
こんなね、暗号みたいなことしておもしろがってる
うちの親父が悪いんですっ!

絶対おもしろがってますって、これ。

それに、他の人が見たらわけわからんでしょうが、
手掛かりありまくりですからー。
要するに、これを身に付けて入り口に来いと、
そうゆうことでやしょ? オトウサン?

俺は、ため息をひとつついて立ちあがった。

「すいません。その祠って、
どこにあるんですか?

行ってみたいんですけどー」



[第五章・扉の向こう -1]へ、つづく


↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]