忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第八章・トリカミノサト -7

「サトオサ、どうされました? 約束の日は明日のはずですが、またオロチのやつらが無理難題を言ってきましたかっ!?」

剣、のようなものを持った男の人が五人、
屋敷の裏手からわらわらと駆けつけてきた。

いやその、我々は決してアヤシイものではございませんっ!

と言いたいけど、なんだかこの人たち、いきなり臨戦態勢だもんなあ。
戦争でもしてんのか? この山の中で。
オロチのやつらって誰!?

しかし、それにしてもこの武装集団、たぶん全員、
サトオサと呼んでるこの最初のおじさんよりも年上だろ。
見た目完全に「おじいちゃ~ん」て人もいるし。

手に手にでかい剣らしきものを持って勇ましいけど、
なんだかちょっとヨロヨロしてますよ。

しかも、その剣らしきものだけど、どれもこれも、
こっちの離れたところから見てもわかるくらいに錆だらけのボロボロだ。
それ、剣としては役に立たないでしょ。
まあ、でかくて重そうだから、ぶったたかれたら相当痛いと思うんで、
棍棒としての役割には充分だと思いますけどね。

「いや、あのあの、人違いで……」

この期に及んで、おだやかなお話し合いに軌道修正はできるのだろうか。

「なに───? やろうっての? おじさん。そんなヨボヨボのじいさんたちなんか、何人来たって怖かないねっ。嘘ついた上に、今度は力尽くなんて、やばいことやってますーって言ってるようなもんじゃんよっ! くっそー、腹立つー。……なあ、あの一番ヨボヨボのじいさんの剣奪って武器にしろ。振りまわすくらいはできるだろ?」

ああ、最悪。

「ちょっと黙ってろ、サギリ。あのですね。別に俺たちは力尽くでどうにかしようってんじゃなくて、ジヌミと会わせてほしいだけなんですけど、どうしてこういうことになっちゃうんですか? あなたたちとオロチとかいう人たちとでなにか争いごとがあるのかもしれないけど、俺ら無関係ですから。ってか、今初めてここに来たんだから、全然そんなこと知りませんからっ!」

「ジヌミなんていう人は、ここにはいないったらいないんだっ! 無関係というなら、どうかこのまま帰ってくれ!」

「いいかげんにしろよっ!
このくそじじい──っ!」




[第八章・トリカミノサト -8]へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]