忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第二章・あっちの世界? -1

途端、またまわりが歪んだ。

ゆわん……
 
一瞬の気持ち悪い目眩の後、俺は元の嘘石畳の路に立っていた。

「まじまじ、げきまじー」「げろー」「ばかだーあ」

三人娘の甲高い声が響いてる。
呆然として俺は、さりげなーくどころか、
至近距離の真っ正面から彼女らの顔をじっくりと眺めてしまった。

順番に。
阿呆のような顔をして。
おそらく。

「きも」

俺の阿呆の視線によって〇・五秒ほど金縛りにあった
ヘソ出しミニスカたちは、行ってしまった。
立ちつくす俺に、ひどい言葉を投げかけて。

うわーん。ちょっと待てー。

さらに呆然として、
彼女たちのかっちょいい尻が並んで遠ざかっていくのを見送っていた俺は、
パキーンと頭をはたかれた。

いつもの痛さだ。

だから痛いっての、それー。

「なにやってんだよ。バカタレが」
「消えてましたよ。今、一瞬ですが」

シナツヒコとワカサヒコが、あいかわらずフワフワしながらこっちを見ていた。
斜め上から。こいつらにはいつも見おろされている。いいけどさ、別に。

「んー、なんかヘンなとこに行ってた」
「ヘンなとこ、だぁ?」

こいつらにも関知できないものがあるんだろうか。
珍しく、シナツヒコの口から疑問形のセリフが出た。

「木ばっかのとこだった。空が青くて」
「誰かいましたか?」

また疑問形だ。なんか調子狂う。

「声が聞こえた。スーサーノーオ──って、なんかキモイの。今朝から聞こえてた」
「今朝から?」
「うん、最初は夢かと思ってたけど。起き抜けだったし。お前ら、聞こえなかったん?」

おじゃる丸みてーな古風なカッコした二人の子供が、
怪訝そうに顔を見合わせる。
空中で。
房の付いた組みひもで、無造作にひとつに結わえた髪の毛の先が揺れている。
ちなみにシナツヒコの組みひもは緑色、ワカサヒコのは水色だ。

こいつらってば、ヘンなカッコはしてるけど、
顔は二人ともジャニーさんもびっくりの美少年顔なんだよな。
シナツヒコはつり目のしょう油顔、
ワカサヒコはお目々ぱっちりソース顔。
見た目の年の頃は十歳~十二歳ってとこ。
ジャニーズジュニアなんかに入ったらよさそうな、そんな感じだ。

シナツヒコは毒舌のツンデレ、
ワカサヒコはちょっとおバカなカワイコちゃんキャラ?
腐女子なファンがついて、似顔絵なんか描かれちゃって、
同人誌のアブないマンガなんかに登場させられちゃうんだ、きっと。
でもって、あーんなことやこーんなことをさせられちゃって、うひひ

でも、いっくら顔が綺麗でも、
こいつらってば普通の人には見えないから、
テレビに出て歌っても踊っても誰にも見てもらえないのさー。
宝の持ち腐れさー。

そんなことを考えながらぼけっと
空中の美少年たちの顔を眺めていた俺は、
背後から近づく足音で我に返った。
この暑いのに、律儀に腕を組んでぺったりくっついた
一組のカップルが歩いてくる。

狭い路の真ん中に突っ立って
(普通の人の目には)なにもない空中をぼんやり眺めている俺を
気味悪そうに見て、なるべく距離を取って、追い抜かしていく。
「メンヘル」「アブね」「最近多い」などなどの言葉が切れ切れに聞こえた。

あああ───! 違う! 違うんです──。

これは、普通の人には見えないモノと話をしてるだけなんで……。

ん?

普通の人には見えないモノが見えるって時点で、
もはやメンヘラーか、俺。

がくーり。

俺ってビョーキ? ねえビョーキなの?

やっぱ普通の人が、
フワフワ空中に浮かんでる子供と話ができるなんつったら、
それはビョーキだよな。
でも俺、ビョーキじゃないよ?
でも普通だよ? ねえ、普通だよね?
ああでもでも、普通だってことはビョーキだってことで、
ビョーキじゃないってことは普通じゃないってことで……。

あ────!
どうしたらいいんだ────っ!!


「おまえ、いい加減、その『自分は普通だー!』ってのやめろよ。
あきらめの悪いやっちゃな」

あれ? なんか、シナツヒコさん、口調が優しいんですが、
どうかしましたか?

「えーと、ですね。名前を呼ばれたとかヘンな所に行ったというのは、
あっちの世界からお呼びがかかったということだと、思われます」

え??
あの、話が見えないんですけど、ワカサヒコさん。
あっちの世界って、あの世ってこと?
俺、死に神さんにでも呼ばれてんの?
あの黒いノートに名前書かれちゃったとか?

…………。

い──や────っっ!!
まだ死にたくない────!!



[第二章・あっちの世界?-2]へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
更新予告
だいたい、1日に1つずつ更新する予定です。
予定は未定ですけどね……

Commented on 2006/10/21 Saturday 15:13:04

by コミヤマユウ(作者) | コメント編集

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]