忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第九章・オロチの民 -8

えーと、俺の持ってる知識ってったら、この場合、
古事記のスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治のお話しかないですよ。
それにヒントがあるんだね。

オトウサン。ボク、ガンバルヨ。

古事記のヤマタノオロチってったら、
八つの頭に八つの尻尾の
キングギドラのバージョンアップ版みてーな怪物だけど、
アシナヅチの話によると、ここではそんな怪物ではなく、
オロチの民っつう鍛冶集団だと。
で、さっき八つのムラにわかれてるって言わなかったか?
言ったよね。
つーことは、ギドラの八つの頭ってのは、
その八つのムラのことだ、きっと。

そうに決まり。

スサノオノミコトは、その怪物をどうやって倒したんだっけ?

えーと。

「あのー、そのオロチの民つうのは、何人くらいでその『譲れー』って脅しに来るんですか?」

「全部で三十人くらいですね。でも全員が武器を持っているんですよ。こっちはさっきの者たち五人と私とテナヅチしかいません。年寄りばかりですし」

よっぽど武器が怖いんですね。
まあ、わからないでもないよな。
一度暴力で征服されちゃうと、
もう言うこと聞くしか選択肢がないような気にさせられちゃうって、
ドメスティック・バイオレンスの本にも書いてあったもんな。

「そいつらは、三十人かたまってやって来るんですか?」

そう、それが大事。かたまって来られちゃったらもうお手あげだけど、
でもたぶん違うだろ。そうじゃなきゃ、八つの頭の意味がない。

「いえ、それぞれのムラごとに、バラバラにおりてきます。彼らも全体の人数がここ二十年ほどでずいぶん増えたようで、そんなに一斉に動けるわけじゃないようですし。それぞれのムラごとにムラオサがいて、基本的には別行動のようです」

ビンゴ。

しかもムラ同士の連絡はあまりよくない、と。
サギリが今朝、なんか言ってたよな。
八つも頭があったらいちいち相談しなきゃなんなくて大変だよねーって。
みんな別々の方向に行こうとしてビーンッなんつって
動けなくなったりしてー……。
うんうん、そんなんでありますよーに。

「で、おりてきた後は?」

「そこの広場で、全部のムラがそろうまでだらだらしてます」

よっしゃ。あーとーはー。そうそう。
スサノオノミコトは、八つの門を作って、その門ごとに桟敷を作って、
そんでもって、その桟敷にそれぞれ酒甕を置いたんだよな……。
たしか。
んでもって、山からおりてきたヤマタノオロチくんは、
その八つの頭をそれぞれの門に一個ずつ突っ込んで、酒飲んで、
酔っ払って寝ちゃったんだよ。
で、そこをズバッと、ザクッと、なんだけどー……。

「やつら、酒は強いんかな?」

豪傑だとやっかいだね。

「酒ですか。酒は飲んだことがないようですよ。実はこの前、娘を出せという話をしにきたオロチの者に酒をすすめたところ、こんなうまいものは初めてだ、などと言って飲んでいたのですが、さほど飲まないうちに酔いつぶれてしまったのです。普段酒を作ったり飲んだりする習慣は、ないようでした」

よっしゃよっしゃ。
パズルのピースがはまっていくぜ。ちょっとおもしろい。



[第九章・オロチの民 -9]へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]