忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第九章・オロチの民 -11

あ、でもそれって、もしかして取り引きかな。
ヤマタノオロチが持ってた剣をタカマガハラに献上してやるから、
そのかわりに悪さするのをやめろ、とか。

う──ん、そうすると、ここでの場合はどうなるんだろう。

タカマガハラって存在は今のところ想定できないけど、
草薙の剣ってのは、たぶん、
オロチの民が作ることのできる金属製品てことなんじゃないだろうか。
ってことは、その製品をどうにかしてやるかわりに
アシナヅチと仲良くしろよってことになるんだろうけど……。

どうにかって、なに?

現実的に考えたら、やっぱ流通かなあ?
そういえばやつらは山荒らしてまで鉱物掘りまくって
ガツガツ作りまくった最先端の武器をどうしてんだろ。
酒も知らないってことは、
あんまし山の下の人たちとは交流がないってことだよな。

……うん。交渉の余地があるとすればその辺か。
なんか細い糸だけど。

「アシナヅチさーん」と、広い屋敷を駆けまわってご主人をさがす。
オロチの民と今後どういうお付き合いをしたいかってのは、
当事者に聞かないとね。

二十数年前にお互いにうまくいってたときの状態ってのを聞いてみる。
やっぱり、オロチの民は作る人、
トリカミノサトの人は売る人だったそうだ。

そんときの状態くらいに戻ればとりあえずおっけー?

「そうですね。それくらいが理想的ですが、そんな取り引きなんて、やつらとできるんでしょうか」

できるようにがんばります、としか言えない。

念のため、全員ぶっ殺ーす、という選択肢もありますがどうします?
と聞くと、アシナヅチはふるふると首を振って、
そんなことは滅相もないという顔をした。
非暴力主義のようだ。よかった。
皆殺しにしてくれって言われたら、どうしようかと思ったよ。



[第十章・ヤマタノオロチ大作戦 -1]へ、つづく
 
↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]