忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

序章 -8

日本民俗学、考古学、上代文学の研究者にして、幻想文学作家。
しかしてその実体は……(いや実体っていうか裏稼業か?)
現代の陰陽師にして悪霊祓い、憑き物落としに祈祷師と、
世の中の不思議不気味現象解決なんでも請負人とでもいいましょうかね。

黒い手っ甲はめたり黒づくめの羽織に着流し姿とか、
じゃなかったけどな。
長ったらしい蘊蓄語ったりもしなかったし。
見かけはだたのおっさんだった、と思うけどさ。

要するに、世の中の幽霊とか憑き物とかの騒ぎってのは、
さっき俺が遭遇したようなバケモノのせいがほとんどだってことなのだ。
それを見た人や場所や言い伝えによって、
いろんなモノになってしまうってだけだ。
親父のは、そのバケモノが見えてやっつけられるっていう、
自分の特異体質を利用しての裏稼業だ。

だから、やることは全部同じ。
「ほい」つって、光の球をバケモノにぶつけて浄化して
結界張っておしまい。
見物人にそれらしく見せるために、
モニャモニャと、なんか唱えたりもしてたけどな。
あのお偉い祈祷師さまがありがたい呪文で
悪いモノを封じてくれたからもう大丈夫って、
そこに暮らす人間たちが思い込むことが大事なんだってさ。
あの真っ黒バケモノは、
人間の黒い想念が凝り固まったモノでもあるわけだから。

俺は七歳の頃からそんな親父に連れられて、
あっちこっちのバケモノ退治をやってきた。
俺に自分と同じように、バケモノを見る力があるとわかったときの
親父の喜びようったらなかったらしい。
俺は覚えてないけど、母親は今でもその時の大騒ぎを嬉しそうに語る。
もう語り始めたら止まらないほど語る。

…そんな能力、正直言って、いりませんでした。お父さん……。 

同い年の若者が、胸ポヨンの彼女といいことやってるときに、
なにが悲しゅうて巨大まっくろくろすけと
命かけて戦わにゃあならんのですかっ!?

見る能力のない一般ピーポーはめったに襲われることはないのに、
見えてしまう俺のことは問答無用で襲ってくるのだ、あいつらは。

ご──っと。ぐわ────っと。

理不尽。 

「おまえはすぐそうやって疑問を持ってしまうからいかんのじゃ。襲ってくるからやっつける、怖いから攻撃する、でいいんじゃがな。なにごとも単純に考えればトナエゴトなどなくとも浄化の光は作り出せるもんじゃ。長ったらしい文句を唱えんでも『ほんにゃらぴー』でもいいんじゃが、まあ、その性格は直らんだろうから、浄化と結界のトナエゴトくらいはよっく覚えておけ。わしがとびっきりの言霊を込めて、こしらえてやったからの」

まだ無垢な少年だった俺は、
親父の言葉を信じてせっせとトナエゴトを覚え、
十歳になるころには、浄化と結界はどうにかこなせるようになった。
親父の言ったように真面目な性格の俺には、
いくらなんでも『ほんにゃらぴー』では
精神統一なんかできなかったからね。
だいたいありがたみがないよな。『ほんにゃらぴー』じゃさー。
ありがたみとかの問題じゃないって、親父にはよく怒られたけどな。

さっきの結界のトナエゴトも、親父が教えてくれたのは、
『ひとえがき』から始まる
ありがたくも長ったらしい文句があったんだけど、
日々の努力と練習でもって、最後のひと言『やえがき』とかしわ手で、
どうにか同じ効果を生むことに成功した。
ついこの間。

ほらね。俺だって成長してんですよ。努力してんですよ。 

……で、俺はこれからどうしたらいいんでしょうか…オトウサン……。 

星のない真っ黒な夜空を見上げても、返ってくる答はない。

ちなみに、高木龍吉六十三歳、七年前から失踪中。
家族の元へも、七年間まったくもって連絡なし。



[序章 -9]へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]