忍者ブログ

マレビトの引き出し

[稀人舎]読み物コーナーです。 和風ファンタジー連載中。

お知らせ
「素戔鳴流離譚・其ノ二」(すさのおりゅうりたん・そのに)、連載開始!
最新号はこちら→第六章・アシワラノヤチノサト-33   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです

「葦原を流れゆくモノたち・其ノ一」は完結しました。
最終回はこちら→[第八章・西のホラ -47]   最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらです。

「素戔鳴流離譚・其ノ一」(すさのおりゅうりたん・そのいち)は、完結しました。
最終回は、こちらです。→[終章 -15]  最初からお読みくださる方はあらすじから。 目次一覧はこちらからどうぞ。

 ←ランキング参加しています。上位に食い込めたら、こいつも有名ブログの仲間入りっ!?
よろしくです。(涙目)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

序章 -5

「さっさとやっつけろよ。なにやってんだよ」

「だっ…たい………たて……ひろ…ばっっ………ひ───っっ」

息が上がってる。もうダメかも。

「体勢立て直す広い場所がねえだとお?
 なに贅沢言ってんだ、ごるぁ!」

シナツヒコの、結構かあいらしい子供の見かけに似合わない
怒鳴り声が耳に痛い。
つうか、こいつらの声って実際に聞こえてるわけじゃなく、
頭に直接響くテレパシーみたいなもんだから、
耳じゃなくて、心に痛い。

ああ……、繊細な俺の心が…。

「そこを左に曲がって三つ目の細い路地を右に入って突き当たりの塀を越えたら塀沿いに右にちょっと行って家と家の間を抜けると通りに出ますからそれを渡ったところのすぐの路地の二番目の十字路を右に曲がって突き当たりを左に曲がると公園があります」

シナツヒコとは対照的なワカサヒコの、
いつどんなときでも沈着冷静、
優しげ~な声が左上から降ってくる。

ああ、体勢を立て直せるスペースのある公園までの道順を
ご丁寧にも教えてくださってるのね……。

………って……。

そんなん、覚えられっか────っっ!!

「しょうがねえなー。んじゃそこ右だ」

シナツヒコにそう言われて、
反射的にまわれ右をした俺の目の前には、
灰色のブロック塀がそびえていた。

うわ止まれ俺の俊足。いや止まったら〇・五秒後にはバケモノに飲み込まれる。いや飲み込まれるっつうかあのギザギザの歯に噛みつかれる。そんでもってあの黄色い粘液が俺の皮膚をジュウジュウ溶かし始めるんだきっとそうだ。あの粘液は塩酸並の猛毒に違いないきっとたぶんおそらくよく知らないけど。あれが皮膚に触れるところを考えるだけで鳥肌が立つ。しかもしかもあの歯で噛み割かれた傷口からあの液体が体内に注ぎ込まれた日にゃあもう死んだ方がマシってくらいの気持ち悪さだ。いやそんなんなったら多分死んでるだろうけど。そんな死に方は勘弁。俺は死ぬときゃ美しく死にたいんだ。うわー止まれない。このままじゃブロック塀とバケモノに挟まれて俺はぺしゃんこだ。まさしく前門の虎肛門の狼。(それ後門やろー! はいお約束!)しかしこのスピードでコンクリに激突したらバケモノだって無傷じゃないだろうけどそこはバケモノなんだからきっとぺしゃんこになった後も浄化しない限りぞわぞわ再生したりして動けなくなった俺を喰い始めるんだ。それはいやだけどでもコンクリとバケモノに挟まれてぺしゃんこよりもバケモノとは別々にぺしゃんこの方がまだいいような気がする。きっとそうだ。別々ぺしゃんこにしよう。そうしよう。(思考時間〇・〇五秒)

俺はスピードをゆるめられないまま、
ヘッドスライディングの要領で、
地面から三番目くらいのコンクリブロックめがけて頭から突っ込んだ。
無駄だろうけど一応両腕を上げて頭をかばって。

ずざ────っ!!

ずざ────っ?????
がつ────んっ! じゃなく?



[序章 -6]へ、つづく

↓1日1回ポチッとよろしく。励みになりますです。
 
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




ごあいさつ
稀人舎ロゴ
個人で出版活動をしている[稀人舎](キジンシャ)と、申します。
「稀人」の訓読みは「マレビト」
つまり、「マレビト」とは、[稀人舎]を運営している者のことです。
このブログは、まだ本になっていない作品を入れておく場所……「引き出し」です。
お読みになられましたら、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
好評なものは、「引き出し」から出して、本にすることもあるかもしれません。

ここに公開している創作物の著作権・出版権等の権利は、その作品の著者にあるものとします。
無断転用はおやめください。
なにかにご紹介いただけるときなどは、
[稀人舎]まで、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
あ、リンクはフリーでございます。何卒よろしくお願いいたします。
最新コメント
[04/28 ゆっきー]
[11/18 管理人]
[11/17 ちあき]
[02/15 管理人]
[02/15 ちあき]
稀人舎の本
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
未入籍別居婚~私の結婚スタイル~
シングルマザーとシングルファーザーの結婚は、問題山積みで… 家族も自分たちも幸せになるために、彼らが取った方法は…?

飲んだくれてふる里
飲んだくれてふる里
山形県鶴岡市の思い出エッセイ集。鶴岡の飲み屋で拾った、ちょっと懐かしい話がいっぱいです。
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]